堀米雄斗(スケボー)は平野歩夢と共に五輪候補?出身高校やスポンサーは?

スポンサーリンク

世界最高峰のストリートリーグで

日本人初となる優勝を果たした

堀米雄斗さんは
2020年の東京オリンピックの正式種目の

スケートボードへの代表候補として
平野歩夢と共に期待が集まっています。

19歳で世界からも注目される

プロスケーターの堀米雄斗さんの

出身高校や
スポンサーについて調べてみました。

目次

①堀米雄斗(スケボー)の出身高校やプロフィール
②堀米雄斗(スケボー)は平野悪夢と共に五輪候補?
③堀米雄斗(スケボー)のスポンサーは?

スポンサードリンク

堀米雄斗(スケボー)の出身高校やプロフィール

出典https://twitter.com/yutohorigome
名前  堀米雄斗

(ほりごめゆうと)

生年月日 1999年 1月 7日
出身地   東京都江東区
身長  170cm
体重  45kg

堀米雄斗さんは東京生まれで

スケートボードを始めたのは
小学校1年生の時です

お父さんがやっていて楽しそうだから

と遊びとして始めたそうです。
その頃はプロスケータになるとは

思ってもいなかったでしょうね^^

お父さんもスケートボードは

上手なのでしょう

スケートボードは
始めはおとうさんが

教えてくれていたそうです

高校は通信制のサポート校の

「聖進高校」に通っていました。

スケートボードの練習との両立を考えて通

信制の高校を選んだのではないでしょうか。。。

通信制でも3年間で卒業することができ
毎日授業もあると言います

卒業後は大学に進まず

スケートボードに集中できる環境で
プロとして練習を

行っているようです

スケートボードはハードなスポーツですね!

堀米雄斗さんは6回も骨折を

経験しているそうです。

そのたびに乗り越えてきたとは

精神力も鍛えられているんんですね~

凄い!

スポンサードリンク

堀米雄斗(スケボー)は平野悪夢と共に五輪候補?

ストリートリーグ(SLS)は

世界最高峰と言われる大会です
優勝を果たした堀米雄斗さんは夢がかなったと

インタビューで話しています

世界トップレベルのコンテストと

言われるSLSで上位に入賞すれば
東京五輪の出場資格が与えられる可能性が

高いと言われています

年齢的にも19歳という若さで
こらからが期待できる選手の一人として

注目されています。

平昌オリンピックスノーボードハーフパイプで

銀メダルを獲得した平野歩夢選手も
東京オリンピックのスケートボードに

挑戦したいという意向があると

話題にもなっています。

平野歩夢選手のライバル

ショーンホワイト選手も東京オリンピック

に姿を現す可能性も高いと言います

平野歩夢さんの通う日本大学スポーツ科学部には
高さ5メートルのスケートボードの

バーチカルランプがあり

練習環境は整っているそうす。

元々平野歩夢さんも

お父さんの影響で幼いころから

スケートボードを始めていたと言います

オリンピックに採用されたスケートボードには

2種類あります

「ストリート」

「パーク」

他にもフリースタイルやフラッシュという

競技もありますが

オリンピックの正式種目になったのは

「ストリート」と

「パーク」で

堀米雄斗さんは

「ストリート」で優勝しています

ストリートとは生涯物を使い

トリックを決めていく

技が必要になる競技です

手すりや障害物など

ストリートにあるものと再現した

競技場になります

かなりテクニックが必要となり

脚でスケボーを操る姿は

ドキドキしますね。。。

堀米雄斗さんの
2017年のシカゴ予選の動画

平野歩夢さんやショーンホワイトさんは

「パイプ」という

ハープパイプのようなUの字を描いた

パイプで技を競う競技です

平昌オリンピックのハープパイプを思いだしますね

迫力満点です!

平野歩夢さんのスケートボードの動画はこちらから確認してください♪

36秒から注目!

平野歩夢さん、かっこいいですね!

2020年東京オリンピックでの

平野歩夢さんや堀米雄斗さんの活躍に

期待したいです

2020年

東京オリンピックスケートボードは

有明BMXコースで行われる予定です

選手村からも近い

ウォーターフロントエリアの有明北の地区に

計画中ということです

観客席も5000席作る予定と

なっているようなので

応援に行きたい人もたくさんいることに

なりそうですね!

迫力を感じながら応援したいです^^

スポンサードリンク

堀米雄斗(スケボー)のスポンサーは?

堀米雄斗さんはプロスケーターとして

大会などに出場し

賞金を獲得しています!

世界で活躍する選手ということで

CMにも出てくる可能性もありますね~

現在でもたくさんのスポンサーが

ついています。

HIBRID     (スケートボードブランド)
Be-in Works  (日本で最初のスケーターズカンパニー)
inhabitant   (ライフスタイルスポーツブランド)
Division    (スケートプロテクター)
DVS      (スケーター向けシューズブランド)
CustomTrck   (スケートボード関連)
TUFLEG     (スケートボードブランド)
Triple Eight  (スケートプロテクター)
ムラサキパーク東京 (ムラサキスポーツのスケートボードパーク)

今回のストリートリーグの優勝で
東京オリンピックの

代表候補の有力選手となった
堀米雄斗さんのスポンサーになる

企業もたくさん

出てくるのではないかと思います

こらからテレビCMなどで

堀米雄斗さんの姿を見ることができそうです♡

まとめ

堀米雄斗さんは

東京オリンピック候補として

注目されています。

スケートボードが正式種目に決まり、

これからのスケートボードが楽しみですね

堀米雄斗さんの活躍にも期待したいです。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする